HOME > 情報セキュリティーポリシー

情報セキュリティーポリシー

 今日のコンピューター、ネットワークの進展は、事業活動の効率性向上に大きく寄与しており、なくてはならない経営基盤となっております。その反面、個人情報等の漏洩といった情報リスクも増大しており、企業にとって、情報セキュリティーがますます重要な課題となっております。
 当社は、お取引先様の情報及び当社の情報資産(情報及び情報システム)について、紛失、盗難、破壊、不正アクセス等の脅威から保護するため、以下のポリシーを制定し、実施いたします。

1.情報セキュリティーの取り組み

当社は、情報セキュリティーをコンプライアンス活動の一環として、関連する法令、確立された規格、その他規範を遵守し、これらに適合した情報セキュリティーの構築・確保に取り組みます。

2.情報資産の管理

当社は、情報セキュリティーの重要性を認識し、情報資産の保護を図るため、適切な管理のもと、安全を確保すべく継続的に改善を実施いたします。

3.事故への対応

当社は、情報セキュリティーに関する事故の予防に万全を尽くすとともに、万一事故が発生した場合には、事故対応のみならず再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。

平成20年4月1日
椿本興業株式会社
代表取締役社長   椿本 哲也

Pagetop